読書感想文ブログにシフト。つれづれに。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
→HPはこちらから
http://hwm5.gyao.ne.jp/okano-jimusyo/
最新コメント
[09/08 LOVEぱんだ]
[08/21 おかの]
[08/20 sumita]
[07/04 おかの]
[07/03 うるとらはるく]
プロフィール
HN:
おかの
性別:
女性
職業:
行政書士
趣味:
ショッピング・お酒・読書
自己紹介:
行政書士の岡野です。最初はまじめにブログ書いてたのですが、すみません、ギブですw こまめな更新を目指して、写メした気になるなにかうやら、読んだ本やらについて書いていこうかなぁと思っております。臆病だけど時々向こう見ず、ブログを通じて新しい世界が開けたら面白いなぁと期待してます^^
Amazon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


※【ネタバレちょっとあり、注意!】

捜査中の事故により脊椎を損傷し、四肢麻痺となった元NY市警科学捜査部長リンカーン・ライムと
そのパートナーであり監察官のアメリア・サックスの活躍を描くミステリ。

ライムシリーズの第一作目「ボーン。コレクター」は映画化されているので
ご存知の方も多いでしょうね。

私は映画版は見ていないのですが、原作はめちゃくちゃ面白いです!!(力説)

特に構成的にすぐれているのは1作目の「ボーン・コレクター」ではないでしょうか。

作者お得意のどんでん返しも素晴らしいし、やはり一策目なので新鮮。

ライムの過去と事件が繋がっているため
ライムでなければ追えない、更に、ライムに追われることを前提にした犯人の動きにも納得がいく。
(二作目以降はちょっと勘ぐると、ライムのレベルの人間に追われていなければ犯人のひいた伏線は
無駄になっちゃうのではと突っ込んでしまいそうになるんですが、それは言わない約束ですよね(笑)


そして最後の息詰まる攻防!うん、一作目は素晴らしい。


2作目からは私の好みでは、ちょっとどんでん返しばかりに気をとられてるかなぁと
思わなくもないですが
それでも十分面白いです。勿論これらの作品が一番好きだという方もあるでしょうし。

2作目以降でのお勧めはズバリ「魔術師(イリュージョニスト)」です!
これまた素晴らしい!!

このシリーズは、追跡中の犯人ににつけるあだ名がタイトルになっています。
つまりこの「魔術師」の犯人はマジシャン、イリュージョニストです。

イリュージョンになぞらえた殺人や、エフェクトとメソッド、肝心な部分から
注意をそらすための誤導…

犯人の目的も、その姿も、事件が起こるたびに次々と書き換えられていきます。

そして犯人が捕まったあとにも更に!


というわけで、ミステリ好きのかたは是非ご一読を。
蒸し暑い夏の夜が余計に眠れなくなること請け合いです(笑)。

 

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[87] [86] [85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78]
忍者ブログ [PR]